学術大会


2022年3月6日(日)オンラインにて開催

大会長講演|9:30~10:00

  • 「共同体感覚の育成はコミュニティの支援力を育てる(仮)」 

一般演題発表|10:10~12:20

演題登録受付中

総会|12 : 30~13:30

会員対象

招待講演|13:40~14:50

テーマ:「100点を目指すのではなく、自分を信じて100%努力する学校 ~アドラー心理学を用いた新たな学校経営と教育実践の提案」

 

講 師:黒澤 誠(川口市立新郷南小学校長)

コメント:より自分らしく生きるためには、勇気をもって自己決定することが認められる環境を整えることが重要である。それにより、成功体験により自己肯定感を高め、失敗体験を経験に置き換えて成長することができるのであろう。学校は児童だけでなく、大人も成長できる場でありたい。児童も教職員も、勇気をもった生き方をし、自分に自信をもって歩んでいける学校を目指し、アドラー心理学を学校経営にとりいれる挑戦を重ねてきた。従来の学校風土を捨てた、新たな学校の在り方を皆様と考えてまいりたい。


プロフィール:黒澤誠先生は、小学校教員として17年務めた後、川口市、埼玉県教育委員会に出向し、2016年に川口市立幸町小学校の校長として、主としてアドラー心理学の臨床思想を取り入れ、新しい学校経営(管理しない学校管理)を実践してこられた。2020年に川口市立新郷南小学校に異動し、教職員とともに、アドラー心理学を用いた教育実践研究にも取り組んでおられる。

 

司  会:箕口雅博(立教大学)

シンポジウム|15:00~17:00

テーマ:「アドラー心理学を活用したコミュニティの支援力を育てる実践」

シンポジスト:

  1. 「アドラー心理学にもとづくコミュニティカウンセラー(支援助言士)の養成と支援力の育成」鶴田恵美子(日本支援助言士協会)
  2. 「死別の悲嘆を支えるグループにおけるアドラー心理学の活用と課題」井手敏郎(一般社団法人日本グリーフ専門士協会)
  3. 「隊員間の相互援助力の向上を目指した臨床活動~組織の心理職の立場から~」坂井亮一(陸上自衛隊)

指定討論:深沢孝之(心理臨床オフィス・ルーエ)

 

司  会:浅井健史(明治大学)