日程

2022年3月5日(土)~6日(日)

オンラインにて開催

 

3月5日(土)
13:00~17:00 ワークショップ
  •  「アドラー心理学入門」(ルームJ)
  • 佐藤 丈(北杜市立泉小学校)・児島 史篤(㈱児島教育研究所)
  • 「アドラー心理学を学んでから、世界が違って見えた」そういう経験を多くのアドレリアンが体験していると思います。私は小学校、児島さんは保育園という保育、教育の現場で子供たちとかかわりながら、日々実感しています。そのような「生」の体験を通してみると、アドラーの言う「共同体感覚」とはどのようなものなのか?「勇気づけ」や「課題の分担」はどうなのか?具体的に見えてくるものがあります。「アドラー心理学入門」とありますが、私たちが皆さんに「教える」のではなく、みなさんと対話する中で、一人一人がアドラー心理学に再入門できるようにしたいと考えています。どうぞ、ふるってご参加ください。
  • こちらのワークショップは、非会員の方や学生の方で、アドラー心理学にすこしでもご興味がある方におすすめです。
  •  「アドラー心理学の基本前提:ライフスタイル論と勇気づけ」(ルームS)
  • 中島 弘徳(岡山理科大学)
  • アドラー心理学は、思想(態度)、理論、技法から成り立っています。技法は、「勇気づけ」でまとめられます。このWSでは、我々が「勇気づけ」られる理由を、アドラー心理学の「基本前提とライフスタイル」から考え、「勇気づけ」られる時の文脈や法則性を理解して、「勇気づけ」が可能になるようにチャレンジしてみようと思います。
  •  「エンカレッジシートの理解と実践」(ルームI)
  • 青沼 眞弓(スクールアドラーサークル)・鈴木 義也(東洋学園大学)
  • 共同体感覚が育つ健康な学級にするために、エンカレッジシートの理解と実際の実践方法を提案します。エンカレッジシートの理解に向けてのガイダンスはもとより、実際にどの場面で活用すれば良いか、また、エンカレッジシートの事前準備、事後の掲示などを具体的に説明していきます。また、実践のプロセスで教師がどのような役割をとればいいのかを明確にしていきます。
3月6日(日)
9:30~10:00(ルームJ)

大会長講演

  • 「共同体感覚の育成はコミュニティの支援力を育てる」 箕口 雅博
10:10~12:20(ルームJ・S・I) 一般演題発表
12 : 30~13:30(ルームJ) 総会
13:40~14:50(ルームJ) 招待講演
  • テーマ:「100点を目指すのではなく、自分を信じて100%努力する学校 ~アドラー心理学を用いた新たな学校経営と教育実践の提案」
  • 講 師:黒澤 誠(川口市立新郷南小学校長)
コメント:より自分らしく生きるためには、勇気をもって自己決定することが認められる環境を整えることが重要である。それにより、成功体験により自己肯定感を高め、失敗体験を経験に置き換えて成長することができるのであろう。学校は児童だけでなく、大人も成長できる場でありたい。児童も教職員も、勇気をもった生き方をし、自分に自信をもって歩んでいける学校を目指し、アドラー心理学を学校経営にとりいれる挑戦を重ねてきた。従来の学校風土を捨てた、新たな学校の在り方を皆様と考えてまいりたい。
15:00~17:00(ルームJ) シンポジウム
  • テーマ:「アドラー心理学を活用したコミュニティの支援力を育てる実践」
  • シンポジスト:
  1. 「アドラー心理学にもとづくコミュニティカウンセラー(支援助言士)の養成と支援力の育成」鶴田 恵美子(日本支援助言士協会)
  2. 「死別の悲嘆を支えるグループにおけるアドラー心理学の活用と課題」井手 敏郎(一般社団法人日本グリーフ専門士協会)
  3. 「隊員間の相互援助力の向上を目指した臨床活動~組織の心理職の立場から~」     坂井 亮一(陸上自衛隊)
  • 指定討論:深沢 孝之(心理臨床オフィス・ルーエ)
  • 司  会:浅井 健史(明治大学)